キルトに綴る小さな愛のかけらたち

「わたし」の心身たましいを通した気づきのピース・しなやかに生きるためのアイディアと洞察

時代が変わる、変わっていく感、明日からどうやって生きる?

 

「ヤク」なんかやったことないオレが、近藤さんの自伝でもあるこの名著を一気読みした記憶。

https://amzn.to/3HJ3Ki9

 

※本日ちょっとした気分により「オレ」調になっております。

 

薬物依存症の恐ろしさというより、アディクション/依存症が、特別のもので特別に隔離されるべき「病」ではないということを、
 
人と人との関わりって「人が生きる」上で一体どんな意味を持っているんだろう? ということを、
 
理不尽という3文字では済まないような事象できごともろもろが頻発するこの世において、人が「まともに生きる」って一体なんだよ!!
 
とかなんとか、、
 
言葉にならない重い想いをずっしり感じながら、骨身にしみさせながら、死ぬほど感動しながら唸りながら読んだのですわ!!
 
名著中の名著!!!!!
 
近藤恒夫 (薬物依存症者リハビリプログラム・DARC創設者)
『薬物依存を越えて―回復と再生へのプログラム』
 
 
あろうことかかつて某大学(30すぎて編入した通信制)の卒論の原稿書きしてた頃(2005年前後)に、なぜかこの本を手にとって読み耽ってたっけ。
 
急に思い出した!!
あの頃はまだタバコ吸ってて、コーヒーも今よりガブガブお茶がわりに飲みまくってて、
 
椅子に座っているものの、片足は椅子の座に上げて「立て膝」した状態で、くわえタバコしながらモクモクが目に染みるんってんで片目閉じて、片目でキーボードとPC画面を見ながらカチカチ大量の活字を打ち込んでたあの頃。。
 
(このとき書いた論文は「保管論文」になりましたのよw てかオレのこのエピソードもなかなかやないかいww)
 
自己の「病」と戦いながらも「人の生」に対して真っ正面から見据えてダルクを続けてきた大将!
 
一度はお会いしたかったなぁああ〜〜。
 
オレがかつて、クロスアディクションやら共依存やら、あげくCPTSDやら解離症状やらパニック発作やらなんやらに苦しんでた頃
 
(驚くことに心理学やらアートセラピー やらの学び渦中に重なってるという、何足ワラジで暮らしてたか自分でも覚えてねぇ。オレやっぱ強者やなw)
 
この時代にオレが密かに生き抜くために支えにしていた概念やらエピソードやらを発信してきた時代の「先生」から「達人」まで、今やお歳をめされて現役を引退とか、、
 
そういうオレも還暦まで残5年なんだからしょうがねえなーー!
 
オレは人生のピークは12歳で終わってんだからwww
そのもう4倍以上を生き抜いてきたんだから、
そうだよね、近藤さん、オレも充分がっつり生きてたよね。
 
しかも「大都市部の片隅で五十路を超えた困窮と孤立を強いられながらも血みどろになったり生き返ったり死んだりを繰り返しながら生き抜いてきた独りきりの女」が、この国の他にそうそう居りませんですぜ!(とあえて言わせていただこう)
 
時代が終わる実感。
 
大きく時代が動いてる感。
 
さぁ、明日はどう生きよう?!
 

 

 

近藤恒夫さんご冥福お祈りします。

apari.or.jp

apari.or.jp

 

島国チビっ子ジャポンの危機!(とっくの前からだ…)

今朝のこと。

 

【2年前に書いた記事があります】

と アメバさんが

ブログ管理画面に出してきた。

 

 ▼コレ

f:id:canokotalot:20210720165523p:plain

 

タイトルがキツイてるね〜

怒ってますねー(^▽^;

 

▼じっさい記事に飛んで読んでみると、、

ameblo.jp

 

ん?

あれ??
 

1年前・昨年』じゃなくて、

2年前・おととし》に書いたって!?


……ええ〜〜?!
今も通用するじゃん。】

むしろ、

2年経過しても「今も通用する」とか

同じこと言いたくなる
ってことは、


世の多くの人々が
|進化してない・進んでない・変わってない

つまり
|成長してない・衰退してる

ってことーー?!

  

ヤバ〜〜。

 

(高齢化も問題にしなくなってるほど
 当たり前のように著しくなってるし)

若者の未来の方が大切にされてないし

  

やばいよー。やばいよー。

 

 

 追伸:半年以上ぶりに、また思い出したように書いてみた。

10年を超えるアルツハイマーから解放された日(天に召されたチチ)

2020年12月2日。

なんでもない日。

 

とにかく、なんでもない日。

 

ただ、この世界はただいま

コロナさんという猛威を振るうウィルスの一種が

大暴れしている渦中で、

あちこち諸々なんやかんやら不都合やら支障やら。

 

ただでさえ地獄からやっとこ抜けて

どうにかこうにか立て直していけるかもと

人生最後の再起と

踏ん張って一息上がれそうと思った矢先にコレ。

 

 

いつになったら「楽」チンチン♪ チンチン♪ になるのかしらん♪

 

またも途方に暮れまくってたここ数日。

 

頭回らない、首も回らない。

前首の周りには、すっかり垂れ下がる一方の

頬肉が落ちまくり

喉を圧迫し始め、声が出ない喉が痛い

食いもんが時々詰まる。。。

 

 

おいおい、どこのババアの話だ?

 

ふぁふぁ!

このオレのことよ〜( ^▽^;)ノ

 

 

てなわけで。

 

なんでもない日の朝。

 

朝9時40分ころ毒母から着信で

留守メッセージが残されてた。

 

 

親父さんがやっとこ天に召されました。

 

御年83?だったかな?

 

おいらは今、53?だったはずだから

(親父30の時に生まれたアタシ)

(自分の歳も最近微妙にズレるw)

 

 

アルツハイマー歴15年くらい??

 

今思えば「若年層認知症」。

六十半ばあたりからあやしかった。

 

よくここまで生き延びましたわ。

 

最後に会ったのは?

もしかするとちょうど1年くらい前かも〜。

 

基本もう寝たきりで、

車椅子に座らされ起き上がってご飯は食べれど

喋らず、動かず、もうこれ死んでるのか生きてるか??

 

てな感じだけれど、

オレが顔出した時って、

ひょっこり表情が戻る時があるんだな。

 

すげーだろオレ!

 

もはや某保険で「死亡しているのと同等」扱いになってた親父。

 そんな数ヶ月後に、ほんまに逝っちゃったよ〜。

 

お疲れさんでした。

 

親父はわたしに多大な歪みを植え付けたひとり。

典型的な不在親父。

金は借金するか返すために生きるかしか教えてくれなかった親父。

 

もう一人歪みを植え付けた張本人は、まだもう少し生き延びそうな毒母。

 

いや、コレおそらく、

母方のこれまたアルツハイマーで9年前に亡くなった

バアさんと同じ流れになりそうな予感満載。

 

いがみ合い続けたものの結局離婚もせんと

連れ添いきった伴侶がいよいよいなくなって、

こっちの方がヤバイんだわー。

 

(娘的には早よ別れろ!別れない方が子どもの精神衛生上によくねえんだボケ!と思ってた。子供のために離婚しないとか、逆にその方が暴行だってことに気づかねえまま歳とった毒ババア)。

 

わたし的には厄介なことがいよいよキたわ〜。

という感じですけれど。

 

ともあれ。

 

親父さん、よく生き切りました。

 

結局、本も書けずまま逝ったね。

お金の使い道は、借金の返済(しかも自分の兄弟の)ばかり。

 

自分の金はないに等しいから使い方が分からない。

 

ただ本やニュース、世界のことはよく勉強してた。

学のないバアさんの分まで吸収するかのように

 

英単語もよく知ってたし。

映画も意外に観てたし。

漢字・言葉もよく知ってるし。

 

でも何も残せなかったねえ。

 

結局、「孫」という存在も見れぬまま

それどころか娘息子は“人並み”な家庭スラ持ってない。

 

2人子どもがいて、2人とも独身とか

おかしい異常なんだってば!

 

何度いうても自覚の芽生えない毒母の残っちゃってどうしましょ!

 

いやもうここまで来たら、なんでもいいのよ。

 

どうでもよいのよ

 

人生100年とかいうけど、

おいらはシャキーン返してマッサラにして

稼ぎがオレの能力才能に見合わないくらい低すぎる少なすぎるから!

一気に恐ろしいほど大量の金を稼いで綺麗さっぱり使って

ささぁああ〜と、アナタたちとは別途の形で逝かせていかせていただく。

 

さて・久日ぶりに支離滅裂なことを打ち込んでおりますが、

 

不思議と静かな気持ち。

 

実の父親が亡くなったというのに。

 

いやいやウチおかしすぎる家族なんです。

 

誰ひとり死なない。

 

もうひとつ言えば、オレも弟も子どもいないから

人が減ってもいなけりゃ、

増えてもいない。

 

コレもおかしな構造だよ!

 

とずっと思ってきたので、

やっと「家族から人が減る」という転機がきて

これはある意味めでたいのですよ。

 

生き直しのキッカケになるからね〜。

 

特に毒母には、

是非とも大きな生き直しをしていただいてから

逝っていただきたい。

 

さて。人生もう半世紀過ぎてるけど、 

どうやらオレの人生の本番もこれかららしい?!

 

わたしは揺るがないからね。

 

このタイミングに

まさかの飛行機ビューン。

故郷地元は、ころな様の影響で

施設関係も家族ですら入れるかどうかって、、

 

いや毒母よ。

憶測で言うんじゃないよ!

(相変わらず確認せず自分の憶測w こっちの方がヤバイよヤバイよ〜)

 

 

コロナ様どうか、わたし感染しませんように〜〜♡

無事に横浜に戻ってこれて、

なにごともなく身体に支障もなく

滞りなく年末年始を迎えられますように〜祈 

 

おしまい。