キルトに綴る小さな愛のかけらたち

「わたし」の心身たましいを通した気づきのピース・しなやかに生きるためのアイディアと洞察

10年を超えるアルツハイマーから解放された日(天に召されたチチ)

2020年12月2日。

なんでもない日。

 

とにかく、なんでもない日。

 

ただ、この世界はただいま

コロナさんという猛威を振るうウィルスの一種が

大暴れしている渦中で、

あちこち諸々なんやかんやら不都合やら支障やら。

 

ただでさえ地獄からやっとこ抜けて

どうにかこうにか立て直していけるかもと

人生最後の再起と

踏ん張って一息上がれそうと思った矢先にコレ。

 

 

いつになったら「楽」チンチン♪ チンチン♪ になるのかしらん♪

 

またも途方に暮れまくってたここ数日。

 

頭回らない、首も回らない。

前首の周りには、すっかり垂れ下がる一方の

頬肉が落ちまくり

喉を圧迫し始め、声が出ない喉が痛い

食いもんが時々詰まる。。。

 

 

おいおい、どこのババアの話だ?

 

ふぁふぁ!

このオレのことよ〜( ^▽^;)ノ

 

 

てなわけで。

 

なんでもない日の朝。

 

朝9時40分ころ毒母から着信で

留守メッセージが残されてた。

 

 

親父さんがやっとこ天に召されました。

 

御年83?だったかな?

 

おいらは今、53?だったはずだから

(親父30の時に生まれたアタシ)

(自分の歳も最近微妙にズレるw)

 

 

アルツハイマー歴15年くらい??

 

今思えば「若年層認知症」。

六十半ばあたりからあやしかった。

 

よくここまで生き延びましたわ。

 

最後に会ったのは?

もしかするとちょうど1年くらい前かも〜。

 

基本もう寝たきりで、

車椅子に座らされ起き上がってご飯は食べれど

喋らず、動かず、もうこれ死んでるのか生きてるか??

 

てな感じだけれど、

オレが顔出した時って、

ひょっこり表情が戻る時があるんだな。

 

すげーだろオレ!

 

もはや某保険で「死亡しているのと同等」扱いになってた親父。

 そんな数ヶ月後に、ほんまに逝っちゃったよ〜。

 

お疲れさんでした。

 

親父はわたしに多大な歪みを植え付けたひとり。

典型的な不在親父。

金は借金するか返すために生きるかしか教えてくれなかった親父。

 

もう一人歪みを植え付けた張本人は、まだもう少し生き延びそうな毒母。

 

いや、コレおそらく、

母方のこれまたアルツハイマーで9年前に亡くなった

バアさんと同じ流れになりそうな予感満載。

 

いがみ合い続けたものの結局離婚もせんと

連れ添いきった伴侶がいよいよいなくなって、

こっちの方がヤバイんだわー。

 

(娘的には早よ別れろ!別れない方が子どもの精神衛生上によくねえんだボケ!と思ってた。子供のために離婚しないとか、逆にその方が暴行だってことに気づかねえまま歳とった毒ババア)。

 

わたし的には厄介なことがいよいよキたわ〜。

という感じですけれど。

 

ともあれ。

 

親父さん、よく生き切りました。

 

結局、本も書けずまま逝ったね。

お金の使い道は、借金の返済(しかも自分の兄弟の)ばかり。

 

自分の金はないに等しいから使い方が分からない。

 

ただ本やニュース、世界のことはよく勉強してた。

学のないバアさんの分まで吸収するかのように

 

英単語もよく知ってたし。

映画も意外に観てたし。

漢字・言葉もよく知ってるし。

 

でも何も残せなかったねえ。

 

結局、「孫」という存在も見れぬまま

それどころか娘息子は“人並み”な家庭スラ持ってない。

 

2人子どもがいて、2人とも独身とか

おかしい異常なんだってば!

 

何度いうても自覚の芽生えない毒母の残っちゃってどうしましょ!

 

いやもうここまで来たら、なんでもいいのよ。

 

どうでもよいのよ

 

人生100年とかいうけど、

おいらはシャキーン返してマッサラにして

稼ぎがオレの能力才能に見合わないくらい低すぎる少なすぎるから!

一気に恐ろしいほど大量の金を稼いで綺麗さっぱり使って

ささぁああ〜と、アナタたちとは別途の形で逝かせていかせていただく。

 

さて・久日ぶりに支離滅裂なことを打ち込んでおりますが、

 

不思議と静かな気持ち。

 

実の父親が亡くなったというのに。

 

いやいやウチおかしすぎる家族なんです。

 

誰ひとり死なない。

 

もうひとつ言えば、オレも弟も子どもいないから

人が減ってもいなけりゃ、

増えてもいない。

 

コレもおかしな構造だよ!

 

とずっと思ってきたので、

やっと「家族から人が減る」という転機がきて

これはある意味めでたいのですよ。

 

生き直しのキッカケになるからね〜。

 

特に毒母には、

是非とも大きな生き直しをしていただいてから

逝っていただきたい。

 

さて。人生もう半世紀過ぎてるけど、 

どうやらオレの人生の本番もこれかららしい?!

 

わたしは揺るがないからね。

 

このタイミングに

まさかの飛行機ビューン。

故郷地元は、ころな様の影響で

施設関係も家族ですら入れるかどうかって、、

 

いや毒母よ。

憶測で言うんじゃないよ!

(相変わらず確認せず自分の憶測w こっちの方がヤバイよヤバイよ〜)

 

 

コロナ様どうか、わたし感染しませんように〜〜♡

無事に横浜に戻ってこれて、

なにごともなく身体に支障もなく

滞りなく年末年始を迎えられますように〜祈 

 

おしまい。 

《朝活アートdeセルフケア in Instagram》特別Ver.《自作詩との共鳴》

 

台風一過の夜に

 
長い時間……どのくらいの時間か分からないけれども、たぶん長い時間、眠りつづけていた。

目を覚ますと、外はまだ暴風域のようでガタゴトと音をたてている。

風が吹きさらす気配をぼんやり感じながら、また眠りについた。


何度目かの目覚めで、わたしは身体をゆっくり起こして時計をみる。

すっかり夕刻に入っており、嵐も過ぎていったようで、少し安堵しながらも身体は動かずまま。

 


そういえば、まだ何も口にしていなかった。

胃が「食べ物がほしい」と訴えている。


昨日から食事らしい食事をしていない。そう、わたしは低飛行になるほどものを口にしなくなる。そもそも「食べる」ということに興味もない。


 
ふとベランダにつづく掃き出し窓を開けようと、のっそりと起き上がる。

昨日から雨戸を閉めたままで外が明るいのか暗いのか確認もせず、ただ身体を横たえていたままだった。


窓を開くや、目に入ったのは星々。

たしか先ほど夕刻までゴーォゴーォと風吹き荒らしていたはずなのに、別世界の扉を開いたように、そこにはキラキラとした夜空が。

 

 

f:id:canokotalot:20201008210131j:plain


 


天頂もあかるい。

これは月の光か。

見上げると、月が煌々と。そのすべてがわたしの眼に入ってきた。 

 


この空は、西の人にも東の人にも、南にも北にも、つながっている。

 

そんな言葉がふいに頭のなかを歩いてきて。

急に、かの人を思い起こし、思わず涙をこぼしそうになった。


 
わたしは、相変わらず、ひとりで。誰がどう解釈しようとも、ひとりで。

何も持っておらず。 

 


そして、誰かの期待のために生きているわけではない。

わたしは、わたしを生きるために生きている。

 

 
わたしが、わたし自身を生きるために生きていることが、誰かの刺激になり、感動になり、鏡になり、反面教師的な姿になるというのなら、それはとてもありがたいことで、喜びだ。

 


ただ、それを前提で生きているわけではない。

 
そう思ってしまうところが、おそらくわたしをより一層「孤独」へ導いているのでしょう。

それでも、わたしはわたしでありたくて。

 

幼くて弱かったあの頃からずっと。

「わたし」が失っていたものを取り戻すかのように、わたしは、わたしでありたくて。

 


キラキラと輝く星々たちは、煌々と輝く月は、そんな頑なわたしにも、黙って光をあててくれる。


それがまた、ありがたく思う一方で、わたしの過剰な“やさしさ”が自分自身を苦しめる。

 

 

f:id:canokotalot:20201008210853j:plain

 




たくさんの“甘いもの”を分けてほしくて。

わたしのために、世界のすべてが動いてほしくて。

わたしが楽に生きられるように、周りに助けられたくて。

 


そしてわたしは、ただ、ここにいる。

動くのはわたしではなく。


わたしは、ただここにいて、全てのものから恩恵を受け、やりたいことをやりたいだけやってのけ。

周囲からは余りあるほどの賞賛と“甘い”気分を投げかけられ。


あかつきにわたしは、しっとりと潤い、脳裏に浮かべた“妄想”をつぎつぎと現実化してゆく。


 
次の瞬間、夜空にむかって尋ねた。

そんなことはあるまいなあ、と。


きらめく星たちと煌々と輝く月は、わたしに答えた。 

 


おやすみなさい。

なにもしなくてよい。


なにもしなくても、ただ世界はまわっている。


あなたがここに、いようといまいと、世界はまわっている。


心配ご無用です。

 


では、また明日。生きていたらね。

 


(201410)

 

f:id:canokotalot:20201008211612j:plain


* * * 


【朝活アートでセルフケア】
 2日分の穴埋め特番?! 

 

以下2つのメディアで【自作詩の朗読】をしています。

 

YouTube

https://youtu.be/W9ycK_Dvcak


【朝活アートdeセルフケア】by《キルトラボ》特番

 

 

インスタグラム IGTV版

https://www.instagram.com/quiltlabarts/channel/

www.instagram.com

 


《キルトラボ》高山佳緒理としては初公開

【自作詩の朗読】です。 

 

この企画は、

元々《キルトラボ》高山佳緒理が

 

アートセラピーの方法を用いた「セルフケア」を

インスタグラムのライブ機能を使って
シェアできたらなぁと

突発的に、不意に、無計画に、

あくまで突発的に、始めたものです。

 

それが日々やっていくうち

1週間が経ち、10日がすぎ、、

いろんな可能性を感じ始めました。

 

 

この「可能性を感じ始めた」というのは、

 

わたしの投稿をごらんくださったり
試みに参加してくださったり、コメント入れてくださる

つまり、コミットして場を共に創ってくださってる
人たちの自身の可能性

 

であると共に、

 
長らく失いかけてた力を呼び覚まし、
改めてイロイロを築きなおせる、かも?!

という、わたし自身の可能性 も含みます。

 

 

そんな最中のある日、

『朝活アート〜』ライブ中に作った作品に付いた
あるコメントから、ひとつの記憶が蘇りました。

 

人生で何度目かの苦しみの《深淵》にいた
数年前のある日、

朝ではなく夜に眼が覚めて
つれづれに書き綴った「詩」があるのですが、
それを思い出したのです!

 

なんとなくそのことが頭からはなれず、
どうしたものかと思ったとき、

 

わたしが主軸として関わっている
『表現アートセラピー』の特性のひとつである
「クリエイティブコネクション」という概念に照らし 

 

作ったアート作品を深めるために
描く作る以外の方法……
久しぶりに「声」に出して読んでみようかな。。

と思いついたのでした。

 

 

奇しくも、この「詩」が生まれた当時、
苦しみから這い上がらんとするかのように
自作や人さまの書いたものを
「声を出して読む」つまり『朗読』しまくってた時期がありました。

 

こんな感じで

一つひとつは小さなことなのに、
集めるとけっこうなチャレンジになったり、
成果になってたりしますね!

 

 

久しぶり……6年ぶりくらいに
自作の書きものを声に出して読む試みをしました。

 
これを今わたしと繋がってくれている人に
シェアしたくなり、

それで、上記のような動画に至ったというわけでしたー。

 

おぅおぅ〜。
ひさびさ長々と顛末をつづってしまった😅💦

 


今回は、アートセラピーの方法を用いた
「セルフケア」ワークというより
ひとりの表現者、アーティストとして表現しております。 

 

 (とはいえ、このプロセスがセルフケアにもなりうることもある〜。)

 

如何せん600年ぶり(!)に朗読なんかやったので、
聞きづらいところがあるやもですが
(しかも速くアップすることを優先して一発録り)


これを機にときどき 別枠で アップしていこうと思います!

 

 

というわけで。

ココに「活字版」も置いてゆくよ。

 

お楽しみいただければ幸いですし、

わたしの試みがなんらかの刺激になり
誰かのメンタルセルフケアや
リフレッシュに繋がれたらなお幸いです!

 

では、、
今宵も明日も、また生きてゆこう〜。

 

 

*ーーーーーーー 

オリジナル詩:『台風一過の夜に』

原作:高山佳緒理(C_monou)

BGM: 衛星の夜 written by Ryo Lion
https://dova-s.jp/bgm/play12335.html
(DOVA-SYNDROME) 
 ーーーーーーー

 

《仮メモ》腑に落ちる瞬間は、忘れたころにやってくる

わたしの頭の中は常時「ことば」が動いている。

いつも、自分の、誰かの、影響を受けながら(引きずられるのとは違う)気づきや発見が起こったりして騒々しい(笑)。

たとえば、普段は忘れているけれど、ずっと内側でモヤモヤとしてたことについて、何かの瞬間に腑に落ちるようなヒラメキが起きるなどあれば、頭どころか身体中がうごめきだして、さぁたいへん!

“わたし”の中身が「ヒラメキ」の粒たちで溢れて支配されて形をなさなくなるので、こうやって方々にまき散らすハメになるのだ。

 

 

《今日の腑に落ちてきたことメモ》

 

『癒し』『癒される』という言葉が乱用され始めて久しいが、このところますます酷くなっている気がする(今さらともいう)。

 

それが“癒し系”に絡む活動や事業をしている人なら、作為的でどうしようもない。

一方で、「一般」の人たちも乱用し始めているのがどうにもこうにも。

 

 

ふとあるブログを読んでいて「セラピスト」を「癒しを与える人」という意味合いで使っている文章に目が留まった。

 

「癒し」を「与える」???

 

わたしの認識では、「癒し」は自分の中で起こっていくもので、つかんでいくものだ。

すなわち、“癒し系”のフィールドにいるような人たち(一般には対人援助職といわれたり、最近では“スピ系”族も?)から

「与えてもらうもの」ではない。

 

自分の奥にある「痛み」や「悲しみ」「憎しみ」などなどの、主に“ネガティブ”と言われるような、多くから疎外されたり放置されてしまいそうな「感情」たちと対峙し、その先……つまり乗り越えたところにあるのが「癒し」だ。

 

その「癒し」へ繋がる過程で「治癒を援助する」のが「セラピスト」の仕事だ。

決して「セラピスト」が与えるものではない

 

50歩ゆずって「セラピストが与える」のだとすれば、環境だったり、抱えきれないものを抱えられるようにヒントやツール・ワザを提供することくらいだ。

あとは、ご本人さまが自分で取り組まないことには根本からの「問題解決」や「治癒」などあり得ない。

 

 

それが、どこでどう転がって“今の感じ”、つまり「癒しを与える」「癒される」になっちゃったのか、もう本当に何年も何年も考えたり考えなかったりしてグルグルしてきたが、一向に「答え」が出てこなかった。

つまり、モヤモヤとしたまま聞き流し見逃してきた。

 

それでも、一端であれ一応プロの援助職をやってるわたしとしては、このまま放置しておけない気持ちも消えなかった。

「放置しておけない理由」も実はしっかりあるのだが、それについて話すと文脈が飛ぶうえ長くなってしまうので、またの機会にする。

 

で。

ついに今日! その“あるブログ”を眺め読みしてて気がついた。

 

多くの人は「癒し」という言葉を「慰め」や「労い」と同等・同様に使っているのだ!(と理解した!)

 

たとえば、何かこころ温まるフレーズを目にして読んだ時、

「癒されたぁああ〜〜♪ ふぁ〜(* ´ θ` *)」

などと口に出すことはないだろうか。

 

これって、つぶさに観察するに、

「和んだ」とか「安らいだ」という意味で使っているのではないかと思うのだが、

そうであれば、本来の「癒し」という言葉の意味と体験が、厳密には合っていない。

なんとなく『「癒し」的な感じ』がするから用いているだけ、とも考えられないだろうか。

 

同様に。

「癒しを与える」というフレーズも、『自分が誰かに与えている』という文脈ならば、本来の「癒し」の意味と繋がらなくなる。

 

となると、多くが「癒される」とか「癒しを与える」と言っている場合、
なにか他の意味を被せて使っているとしか思えない

 

では、一体どんな意味を被せて使っているのか……
という視点で頭をフル回転させていた折に

先のブログを見つけて読んでいて、ついにヒラメキが降りてきたのだった☆

 

「慰め」「労い」だ。

 

これなら文脈がつながる。

 

 『慰めを与える(慰める)』

 『労いを与える(労う)』

 

「慰め」や「労い(ねぎらい)」という言葉より
「癒し」の方が、
なんとなく“より効きそう”なイメージがあるのでしょうか。

 

だから「内容は『慰め』や『労い』であっても、言葉として『癒し』を使う」。
これなら、合点がいく。

(コレあくまで仮説ですからね〜)

 

合点する可能性が高いとすれば。

もう明らかに、その仕事(「慰め」「労い」)は「セラピスト」の仕事ではない(笑)。

『癒し』のプロセスで「慰め」や「労い」はありえるが、結果が「慰め」や「労い」で終わるのではあれば、、それは治癒にはほど遠い

 

とはいえ、セラピーを受ける側が「自分は治癒した」「問題解決した」というのであれば、それは(セラピストの自覚の有無を越えて)効用があったと言える。というこもあることを補足しておきます。

 

ともあれ。

 

もはや市場は10兆円を越えてきてるとも言われてきている
“癒し系”に絡んでいる皆さま!

 

言葉は大切に扱おうぜ!

 

 

《仮まとめ》
もわもわ抽象度の高い世界だからなおさら「言語化」するときは丁寧に扱え!

 

ひとまずここまで。

  

f:id:canokotalot:20200214012121j:plain

>> なぜ食べかけの図?!

 

(200213)